スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇奇怪怪コイ絵巻

奇奇怪怪コイ絵巻
(ゲーム公式HP用のバナーが見当たらなかったので、制作者様のHPのバナーを使用しています。)
サイト名:奇奇怪怪コイ絵巻
管理人:ミシェ☆ 様

<あらすじ>
天涯孤独、寺育ちの桜夜は和尚に大切に育てられてきました。
甘えに甘やかされ、喰っちゃ寝生活を送る桜夜に困り果て、和尚は一計を案じます。
さて、桜夜は無事に修行を終えることができるのでしょうか。

<登場人物>
桜夜(さよ):天涯孤独の主人公。明るくおちゃらけた性格でちょっと?変態。
袈裟坊(けさぼう):悪戯好きの妖怪。素直になれない。
定峰光弦坊(ていぼうざんこうげんぼう):川天狗の総大将。元人間だが人を憎んでいる。



<感想>
奇奇怪怪コイ絵巻(『奇奇怪怪コイ絵巻』プレイ画面より引用)

和風クリック式ADVで、エンディング数は5つ
クズくて、やや変態な主人公ですが、行動力があり、それがいい方向に向かっていました。
1周30分程度なので話のテンポは良く、途中で挟まれるミニゲームも面白かったです。
うっかりしていると見落としそう、間違えそうというミニゲームなので、乙女ゲーにはちょうどいい難易度だと思います。
オープンニングの演出も凝っていて、日本昔話っぽい感じで雰囲気が素敵でした。

攻略対象の同時攻略はできず、それぞれが独立した話となっているので、
ゲーム中では片方を攻略中にもう片方の姿を見ることすらありません。
選択肢次第でゲームオーバーになってしまうのですが、直前まで自動で戻ってくれるところが有り難いです。
けれども、セーブ数が3つと少ないのが残念でした。(私はなぜか2つまでしかできませんでした…)
シークレットのスチルを見るには周回必須なので、ちょっと苦しかったです。
でも、私がプレイしたのは1.1verだったので現在では修正されているかもしれません。

袈裟坊は完全に桜夜の掌の上というか、桜夜に振り回されている感じでしたが
光弦坊はさすがに年上だからか、一筋縄ではいかず桜夜がやきもきしていて、
でもやっぱり桜夜の強引さに救われている様子が良かったです。
せっかく攻略対象ごとに話が独立しているのだから、エンディングの流れもそれぞれ違ったら
もっと面白くなっていたかな?と思いますが、ノーマル?エンディングが少し違うので
そこまで望むのは贅沢かな。光弦坊のノーマルエンディングが私はすごく好みでした!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

しめじ

Author:しめじ
乙女ゲーム中心の感想。一般も少し。
まず「はじめに」をお読みください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。