スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一夜のウブリエット

ほーむorあうぇい
サイト名:ほーむorあうぇい
管理人:あきら 様
※画面が真っ赤になる演出あり

<あらすじ>
「黄金のラッパを持った黄金の像」を求め、はるばる辿り着いた先は化け物屋敷だった。
迫りくる彼等を退けた先で、望むものを手に入れましょう。

<登場人物>
イェラ(名前変更可):主人公。ある理由から「黄金のラッパを持った黄金の像」を探す。
シンディバード:屋敷の主人。正体は人ではない。



<感想>
一夜のウブリエット(『一夜のウブリエット』プレイ画面より引用)

乙女ゲーム要素のあるRPGで、エンディング数は7つ
全エンディングを見るには周回必須ですが、1周5~30分と短めです。イケメンを物理攻略的に攻略するゲームとのことで、ほとんどのエンディングで攻略対象をボコボコにします。逆にボコられたりもします。
くどいようですが、あくまでも乙女ゲーム要素のあるRPGですので本編で甘い展開になることはありません。けれども、ED4、ED6などこれから関係性が変わりそうなエンディングもあり余韻を感じるゲームでした。

RPGなので戦闘はありますが、簡単なほうだと思います。主人公の武器は弓矢なのですが、きちんと矢を買わないと攻撃できないので注意です!
短編ゲームですがサブイベントやサブキャラの会話まで作られているので、レベル上げの最中も苦にならないよう工夫されていると思います。周回引き継ぎあり、完全攻略は制作者様のサイトで公開中といたせり尽くせりなので、攻略に詰まることもないかと。館の中のお宝を奪い、ガンガンモンスターを倒してイケメンを攻略しましょう。

シンディバードという名前から分かる方もいらっしゃると思いますが、本作は千夜一夜物語を下敷きにしているとのことです。全ての話を読んだことがないので、どのあたりが関係しているのか分からなかったのが残念です…!タイトルのウブリエットも分からなくて調べたのですが、こちらは言葉のルーツを辿れて面白かったです。
(フランス語のoublier「忘れる」が語源のoublietteという英語で、意味は「地下牢[←反転]」でした。)

デッドエンドが存在しないところや、主人公やシンディバードが冷静と淡々としているところが、救いを感じさせる不思議な雰囲気を作りだしているのではないかなと思います。
千夜一夜物語的に言えば、シェヘラザードから一晩分の話を聞き終えた!続きが気になる!という今後が気になる話だったので、ぜひとも続編を作ってほしいです…!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

しめじ

Author:しめじ
乙女ゲーム中心の感想。一般も少し。
まず「はじめに」をお読みください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。