スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メリースウィート&ビター

ZIBETA.lab
サイト名:ZIBETA.lab
管理人:じべた 様

<あらすじ>
勇者が魔王を打ち倒し、再び世界は平和を取り戻しました。
しかし、そんな世界の平和とは裏腹に、この村には問題が残ってしまいます。
それは引きこもり――。
さあ、なんとかして引きこもりの友人を連れだしましょう。

<登場人物>
プラリーネ(名前変更可):すっぱりした物言いをし、行動力がある。
ロシェ:剣術が得意。素直になれず、つっけんどんな態度をとる。
クーベル:魔力がないエルフの少年。明るい性格をしている。

<感想>
メリースウィート&ビター(『メリースウィート&ビター』プレイ画面より引用)

エンディング数は6つ
「引きこもりになった友人のために、モンスターを狩って料理を差し入れする」という話を聞いて面白そう!と思い、プレイ。
モンスターを倒し、材料を手に入れる→料理を作る→友人のどちらかに差し入れるというサイクルを4~5日行います。戦闘難易度は低く、話の流れに沿って進めていけば十分な力を手に入れることができるように配慮されています。私は終盤まで気づけなかったのですが、回復アイテムもしっかり所持しているので心配ありません!
ロシェとクーベルそれぞれに好みの料理があるので、適した料理を差し入れることができると…。(制作者様サイトで完全攻略が公開されています。)
食材の集める際にも数種類集めやすいような配慮がされており、プレイしやすかったです。

主人公は男前です。攻略対象が引きこもっているので余計にそう感じたのかもしれません。
モンスターをさくさく狩って料理も上手となると、お嫁さんにぴったりですね!頼もしい。
ロシェの場合は素直になれない彼を宥めて包みこむ良き理解者のようでしたが、クーベルの場合は彼自身が引きこもっているけど明るかったので、コメディっぽい感じでした。からかったりふざけてじゃれあってて可愛らしかったです。

スチルもぐっとくるシーンで挿入されており、特にロシェの日目?がよかったです。
欲を言えばスチルリストのようなものがついていたら嬉しかったですが、フルコンプまで楽しくプレイすることができて面白かったです。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

しめじ

Author:しめじ
乙女ゲーム中心の感想。一般も少し。
まず「はじめに」をお読みください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。