スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Flavor of C'Lover

OtomE Device
サイト名:OtomE Device
管理人:OtomE 様
※12禁

<あらすじ>
兄亡き後、遺志を継ぎカフェ・リコリスのオーナーになったナナシー(名前変更可)。
カフェを取り巻く面々と思い思いの日々を過ごします。

<登場人物>
ナナシ―(名前変更可):兄亡き後、カフェの経営を引き継ぐ。
セオドア:カモミイル王国の大神官。妻を亡くし、息子が1人いる。いつも疲れている。
ルーチェ:カフェの店員。主人公を慕っている。
カルバドス:仕入れ先の雑貨屋。ルーチェとは親友。べらんめえ口調。
コロ:道化師見習いでセオドアの息子。カフェに住む。
オリガ:バーの店主。無口で無表情。
詩人:旅の吟遊詩人。もてる。
ファンテン:世間から危険視されている禁術師。
ラキシス:攻略対象外。ルーチェ、カルバドスの親友の女の子。噂好き。



<感想>
Flavor of C'Lover(『Flavor of C'Lover』制作者様サイト紹介ページより引用)

エンディング数は7つ。プレイ画面から分かるように、主人公の立絵はありません。
ステータス画面とスチルには表示されています。
制作者様曰く、「カフェ経営シミュレーションの皮をかぶった、交流ADV」です。
基本的に日数制限があるイベントはなかったと思います…のんびり皆と仲良くしてました。

好感度とパラメーターが一定以上あり、特定の場所に行ったりするとイベントが起きます。
選択肢を間違えるとそのキャラの攻略はできなくなってしまうので、注意すべきはその一点。
ステータス画面でキャラの好感度やイベントの成功・失敗が分かるので、セーブ&ロードで頑張れば特に難しくなかったです。
そして!このゲームの特徴はエンディングまで同時攻略できること…つまり、7股できます。
12禁ですが、結構きわどい関係までなってることはイベントで分かります…それでも7股できます。
キャラごとに5つのイベントをこなしてクリア状態にしてから、ある物を渡すことでエンディングを迎えられるのですが、渡すまでは本当になにやっても許されます。
嫉妬イベントとかはなかったと思うのですが、主人公がなかなかえげつないことをできます。
父と子を同時に攻略できますし、朝帰りの翌日に別の人とデートとか余裕です。

少しシステム面が使いづらいのが残念ですが、セリフ集でイベントを振り返ることができるのは有り難かったです。この作品のバレンタイン短編ゲーム『Flavor of Chocolate』は、キャラやストーリーの根幹にかかわるネタバレはないので、プレイするか迷ってる方はこちらを先にプレイしてみてもよいかもしれないです。

キャラごとにキュンとするイベントがあり、えげつないプレイもできてとっても楽しかったです!小悪魔どころじゃないですね!7股からのキャラエンド後が気になります。
制作者様サイトにて攻略のヒントが公開されていますので、エンディングを迎えることは難しくないと思います。ただ、セリフ集を埋めようと思うと根気がいります…私はまだ全て埋めることができてないです…。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

しめじ

Author:しめじ
乙女ゲーム中心の感想。一般も少し。
まず「はじめに」をお読みください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。