スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Seven Days War

陸路の果て
サイト名:陸路の果て
管理人:ふじえ 様
※サイトの更新は終了されています。(ダウンロードはできます。)

<あらすじ>
15歳で故郷を飛び出し、古本屋に勤めて10年。
平々凡々な生活に満足しているクリス、25歳。
勤め先が改装工事をすることになり、しぶしぶながら帰郷する途中のことだった。
馬車が盗賊に襲われ、あわや命の危機に陥る。
そこに現れたのが3人の騎士。
彼等との出会いにより、クリスはさらなる厄介ごとへと巻き込まれていく。

<登場人物>
クリス:主人公。25歳。口が悪く、淡白な性格。美少女が好き。
アレン:騎士。27歳。無口で仏頂面。
ベルナドット:最年少の騎士。23歳。つんつんした態度だが根はまとも。
クラウド:騎士。30歳。人あたりはいいが、うさんくさい。
ダイアナ:15歳。クリスと同じ馬車に乗り合わせた美少女。



<感想>
攻略対象は3人+α。エンディング数は10個?
サウンドノベル形式で、通常版と15禁版があります。
立絵はなく、イベントでスチルが入ります。シーンリストがあるのは有り難かったです。
サウンドノベル形式をプレイするのはこの作品が初めてだったのですが、とても読みやすい文章でスイスイ読み進められました。

制作者様のサイトでも書かれていますが、必ず誰かのルートに強制突入します。
物語の展開は同じでも、その内容は攻略対象ごとに異なっているので楽しかったです。

主人公のクリスは、とっても現実的で機転がきく人です。正義感とか熱血ではなく、その場の状況を判断して行動しているのが好感もてます。自己犠牲精神はないと言ってますが、なんだかんだ他人のために行動してるんじゃないかなあ…。
当初は淡白な性格なのでクリスは恋愛できるんだろうか…と心配だったのですが、クリスなりに彼等と向き合っていて良かったです。

「好きな人がゼクスにいても、生きる場所はアインスだ。」(原文ママ)
この作品で1番好きな台詞で、印象に残っています。
いろんな意味でハッとさせられたし、乙女ゲーに慣れてきた頃にプレイしたからか「付き合う→2人は一緒に暮らす」までをワンセットで捉えていたことに気づきました。そのせいか、この作品はとても思い出深くて、たまにプレイしたくなります。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

しめじ

Author:しめじ
乙女ゲーム中心の感想。一般も少し。
まず「はじめに」をお読みください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。