スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルカナ・ファミリア

<あらすじ>
主人公フェリチータ(名前変更可)は、不思議な能力をもつ組織アルカナ・ファミリアの一員。
幹部昇任の日と同日、ファミリーのトップであり父親のモンドからファミリーに「アルカナ・デュエロ」の開催が宣言された。
そして優勝者には、組織のトップであるパーパの座を譲り、主人公と結婚してもらうとのこと。
急な結婚に納得できない主人公は、優勝を目指し行動していく。

<登場人物>
省略

<感想>
だいぶ更新していなかったのですが、商業の乙女ゲーをいくつかプレイしていたのでその感想を書いていこうと思います。
とりあえず、最近プレイしたのが「アルカナ・ファミリア」です。
乙女ゲーム×少年マンガというコンセプトが気になっていたのと、今なら安いよ!と勧められ購入しました。
したのですが、引っかかるところがあって思っていたより楽しめませんでした…。

メッセージウィンドウが固定されていなかったり、マンガの1コマのような演出は確かに面白い演出だったと思います。ただ、最初のうちは楽しく見れたですが、そのうち電子書籍のサンプルを読んでいるような気分になりました。
それと、1日ごとに行動メニュー?の地図から行き先を選択するのですが、毎回毎回「○月×日」という演出に時間を地味に取られるとことがストレスでした。

攻略キャラがなんで主人公を好きになったのかもサッパリ分からないところがあり、
主人公もいつどこで攻略キャラに惚れたのか分かりませんでした。
主人公の「心が読める」という特殊な能力を使って、プレイ中は攻略対象がどう考えているか盗み見ることができるのですが、小まめに心の中を盗み見ていても唐突に感じました。
本当に細かく「そのときどう思っているか」を見ることができ、そこは本当に楽しめたのですが
なんで惚れたのかが分からなかったです。

不満はあるのですが、それでも思わずニヤニヤしてしまう場面もあったので残念でした。
スポンサーサイト
プロフィール

しめじ

Author:しめじ
乙女ゲーム中心の感想。一般も少し。
まず「はじめに」をお読みください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。